気持ちの良い住まい選び

部屋が狭い場合のコーディネート

部屋がちょっと狭くても、工夫次第でステキな住まいに変身します。
ここでは、ちょっと狭い部屋を上手にアレンジする方法について考えたいと思います。
まず、基本的なこととして無駄なものは処分します。
いつか使えるかもというものでも、使わないものはじゃまになるだけ。
人間、生活出需品はわずかでいいものなのです。
そうやって身の回りをスッキリとすると、かえって住まいが住み心地よくなって、気分が良くなることが多いです。
物は少なくてもオシャレなら、その方がいいですね。
そこで物を捨てるなり、あげるなり、実家に預けるなりして処分したら、今度はコーディネートに入りましょう。
まず、部屋の雰囲気と色調を決めます。
ここでカラーが精神状態に及ぼす影響について豆知識を取り入れましょう。
青は精神を集中させるので、冷静に物事を考えたい人、勉強の能率を上げたい人に向いています。
グリーンは精神を安定させてくれる色です。
オレンジは気分を高揚させてくれます。
友達とワイワイしたいリビングやキッチンは、オレンジがオススメ。
ピンクは自分に自信をくれる色といわれています。
女性ホルモンの分泌にもプラスの影響があると言われています。
使いにくいのがパープルです。
紫の部屋は、芸術家がインスピレーションを起こしやすいといわれていますが、ずっとそこにいると精神が不安定になったり、冷静な決断ができなくなることがあるので注意が必要です。
こうした豆知識を元に、部屋の色調を決めてみましょう。
部屋が狭いとしても、カフェのようにアレンジするためのポイントは、空間を作ることです。
何も置かない棚を作ったり、窓辺にポトスを置いたり…。
アレンジの仕方は多種多様です。
住みやすいお部屋作りを楽しみましょう。

Copyright (C)2017気持ちの良い住まい選び.All rights reserved.